電話の歴史

固定電話や携帯電話などの傾向についてですが、1987年に携帯電話が開始されました。次に1995年には、PHS電話が開始されています。携帯電話の加入者が、2000年に固定電話の加入者を追い越しています。また、2000年に入ると、ブロードバンドによる高速通信が可能となります。またお値段も、月極め料金が可能となっています。また、IP電話を利用した通話なら時間に関係なく無料なので、大変便利になっています。IP電話の仕組みについてですが、インターネットに声を通すことで電話をすれば、世界中の人達と電話が可能です。また、固定電話への通話料金についても、全国一律料金というお得なサービスの会社が多いです。また、IP電話での事業別シェアでは、東西NTTが70%位占めています。

固定電話の歴史についてですが、電話が発明されたのは19世紀で発明者は、「グラハム・ベル」です。また、日本で固定電話の始まりですが、国産電話機が西暦878年に制作されましたが、この時は2台しか作成されていませんでした。また、西暦890年には、東京と横浜間で電話サービスが開始されています。また、西暦899年には、東京と大阪間の長距離での電話サービスが開始されています。次に、1900年から1945年までの固定電話は、ダイヤル電話が採用されています。次に、1927年の頃の固定電話のスタイルは、本体の送話器に向かって声を出して行く方法でした。次に、1933年の頃には、現在の固定電話のスタイルと同じタイプで、受話器と送信機が一体となっているのが主流となっています。