ライフスタイルに合った

黒電話から始まり昭和50年頃からは様々な形に発展していった電話はいまや携帯電話が主流となりました。 いつどこででも連絡が取れる携帯電話の便利さに電話ボックスや加入権に月額料金、通話料金がかかる固定電話の普及率は下がっていきました。 ですがこの固定電話。金融機関などでの社会的信用の部類において、携帯電話より高く評価されるのです。 いつでも解約できコロコロと電話番号も変えられる携帯電話より、自宅に設置され加入権を持ち長い間コンスタントな支払いが変わらずあると確認できる固定電話。 もしその人の信用を推し量ろうとする時どちらを良しとするでしょうか。このように考えると固定電話には固定電話のメリットがある事がわかります。

以前は現NTTの権利の購入、施設設置負担料金、基本料金、通話料金という形でしか固定電話を利用する方法がありませんでしたが、今はインターネット回線の普及により光電話やADSLを利用した固定電話もあります。 かかる費用で比べるとNTTの固定電話の設置が一番高く、その次にNTT東西以外の会社が提供するADSL回線を利用した直収電話、光IP電話、050IP電話の順になっています。 今では市外局番や停電時は使えないなどのデメリットを覗けば、光回線の無料サービスで利用できる場合もあります。 しかし市外局番がない場合、携帯電話と同じような信用評価になる場合があります。 社会的信用という面で考えるのであればNTT、直収電話、光電話の市外局番が利用できるタイプのプランが良いでしょう。