固定電話の利用

加入電話の場合固定電話とインターネット回線は別々に契約する必要があり、音質も良い半面基本料金や通話料金は高い傾向があります。 最近は全国的に光ファイバーケーブルが敷設されるようになって来ました。その際インターネットも以前銅線を使用していたADSL回線でのインターネットの利用もやや安いとされる光回線に換えることで基本料金や通話料金は安く利用できるようになりました。その他にも相手方の電話番号表示させるプランや他のサービスもあり便利になります。銅線の固定電話の場合には雪とか風雨の気候の場合にはインターネットを利用するにも支障が生じることもありましたが、これらから開放されます。携帯電話だけでは自宅における安否の確認が出来ないため固定電話は一応必要なものです。

加入電話の場合には電話やFAXも利用できて、将来的にADSLを利用予定の場合にはアナログながらインターネットも使えるようになります。その場合は初期費用は2800円で電話の契約が行えます。施設設置負担金が通常3万6千円必要なところがこの費用は不要となっています。 インターネットの利用を光回線に換えた場合には月額での利用料は銅線を利用していた固定電話の時代に比べて電話代金を含めた利用料は千円程度割安となり、光電話自体は基本料金は月額500円、3分当たりの通話料は8円で利用できるようになります。以前の3分当たり市外通話が20円から60円時代に比べると相当割安な方法であることがわかります。2年目以降は月額料金が幾分づつ下がり8年目まで続き、それから固定の料金になります。